『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『島フェス2006@上野水上音楽堂!』



上野水上音楽堂にて、9月18日開催された”島フェス2006”。
野外のため、フライヤーに”雨天決行”と書いてありはすれど台風も接近中だし。。。当日の朝まで気をもみながら最新情報をチェックチェック。そのうち少しずつ雨は小降りになり、やがて止んでしまったのでした。なんと前日まで秋そのもののひんやりしたお天気でしたが、これからはじわっと暑さが戻るとか。俄然やる気を出して、足取りも軽く会場に向かいました!




このイベントは初めてなんだけど、たくさんの沖縄のアーティストが集結すると聞いて楽しみにしてました!以前へこんだ時に旅行して、たくさん元気をもらったオキナワン・ミュージック。特に、今回わたしの一押し歌い手・HIRUGI.coが出るんだもんねー!(というかそれ以外は全部知らない汗)




ヒルギといえば先月、鬼のようなスケジュールで東京ツアーをこなしたばかりですが、またひと月も置かずに生歌が聴けるとはラッキーです。いつもギターの弾き語りでしっとり聴かせる彼女ですが、今回サポートで更にギターの濱中祐司さん、そして三線の迎里計さん(Born ti Cafta)が脇を固めます。ひえ~!と思うのはわたしだけ?
しかしヒルギは堂々と、腰に汗ふきタオルをなびかせて登場!!なんと男前なことよ!!!




客席は出店の沖縄料理とオリオンビールで、すっかりお祭りモード。まずは濱中さんとヒルギがスタンバイします。騒がしい観衆に向け、わたしが初めて沖縄で観たライブでも出だしに唱えていた、ヴィクトル・ユゴーの詩の一節。わたしはこれが大好きです!果てしないヒルギワールドへ、一気に連れて行かれる快感。まだ聴いたことない人のために、書くのは控えておこうっと。




少しだけおごそかな雰囲気を巻き起こして始まった1曲目は、彼女のデビュー曲にして代表曲、”カナスムヌ”。宮古の言葉で、”愛するもの”という意味です。CDではまだ初々しい歌唱と時代を感じさせるアレンジですが、ライブで聴くとたまげます!ところが今回はさらにパワーアップ!!!なんだこの音の分厚さは???




見るとGt.の濱中さんは、左足でちっこいバスドラみたいのを叩いておられます。右足には、鈴をつけて要所要所で鳴らしつつ。。。挙句の果てに、この人のギターがまた凄いのでした。チョップスラップタッピング!!ギターなの??パーカッションなの??てな感じ!ブルージィに、しかしタテノリに!!カナスムヌがカッコイイ!!そしてリズムをまかせて開放されたかのように、初めて聴かせるようなチカラ強い声で、のびやかに歌うヒルギ。ど派手なアレンジでつかみOKです!!!





続いて2曲目は、新しく出したミニアルバムから”風まかせ”。東京でストリートライブをしていた頃から歌っていた曲だそう。ゆったりと静かに始まるイントロから徐々に激しく盛り上がりを見せるドラマティックな展開は、まさにヒルギ特有の世界です。ひと言ひと言、彼女が丁寧に描く情景が染み入る感じがして聴き入ってしまいました。深く、深く。。。。。哀しくて、強くて、自由でいてとても優しい歌詞なんです。どんなに楽しいことがあっても時間を巻戻せないのと一緒で、どんな辛いことがあっても時の速度を早めて心を回復するのは不可能。そんなどうしようもない期間に、たいそう安らぎをもたらしてくれた曲です。改めて音楽の持つ力に気づかされたっけ。ほんとうの痛みっていうのを知っている人なんだろうな。とチラッと考えました。こちらもいつになくエモーショナルな大サビのシャウトが胸に突き刺さります。
なんだか聴いていてワクワクしてしまうような化学反応が、どんどん繰り広げられているみたいです!




続いてここで三線の迎里計さんが登場。この人の三線は永山尚太くんでもおなじみですね!前回のヒルギの東京ツアーでも一度プレイされたとの事でしたが、わたし実は観に行けなかったので今回初めてです。いっぺんでいいから三線が入ったヒルギを聴いてみたい!!と思っていたので大感激!!




まずは大御所・古謝美佐子さんの”童神(わらびがみ)”のカバーから。もうすでにイントロから涙そうそうになってしまう、三線のあたたかい音色。。。この曲はやはり前回ツアーで披露されたときに初めて聴いたのですが、まだうら若い彼女の慈愛に満ちた歌いっぷりに、母性やら神々しさまで感じ新鮮な感動を覚えたものです。


1コーラス目を歌い終わると自然発生的に、広い会場全体に拍手が沸きあがりました。そして2コーラス目の終わりにもまた割れんばかりの拍手。この曲が、沖縄民謡の新しいスタンダードになりつつあるという計さんの言葉を思い出しました。東京在住のうちなんちゅ達と、島を愛するないちゃー達の心をひとつにしてしまったのは、ヒルギの童神。それは心地よく切なく、ほろ酔いの頬をなでる秋風のようにふんわりと沁みわたっていきました。




最後の曲は、これも新しいCDからのタイトルチューン、”愛しの娘”。本来のリズムはそのままに、これも”静”よりは”動”の趣きで聴かせます。この曲って、女の、女性であることの辛さみたいのを受け入れて傷つきながらも前向きに生きていこうというような深い歌詞がほんとに胸を打ちます。解説するのも野暮ですが、一緒に朝日につつまれるような仲だったのに他の人と去ってしまった。でも今もあなたを想って歌っている。。特に、”この胸が痛くても、誰のせいでもない”なんて、泣けるじゃありませんか!!!果たして男の人にここらへんの感情が理解できるんかな~。なんて考えたけど、そういえばヒルギファンは男性がほとんど(なイメージ)だしな。。。



男女の別れに付き物なのは、憎しみ、恨み、未練。。。そんな感情の混沌を全て包み込んで浄化するような、優しくて深い計さんの三線。悲しく幕を閉じた物語をこんなにも素直な愛の唄に変えて、今日はパワフルに!いつもならファルセットでたゆたうような最後が、武者震いするくらいカッコイイシャウトです!!!咆哮というべきか。自らもギターをかき鳴らしながら、残された最後の力までも振り絞るようなロングトーン。こりゃあ新解釈!!



”4曲なんて、あっという間で物足りないかも”と思っていましたが、軽く放心状態に陥ってしまうほどの満足感でいっぱいになりました!そして自分をこんな気持ちにしてくれるのは、へヴィメタルだけかと思っていたけれど笑。。。やっぱりヒルギは違う!てかヒルギはメタル!!!



かどうかは定かではないけど、いつかバンド編成バージョンなんかぜひ聴いてみたいものです!今回サポートが入ることでいつにも増して余裕のある、安定した表情豊かなボーカルを聴かせたヒルギ。弾き語りももちろんいいけれど、それだけでは分からなかった隠れた魅力を存分に引き出してくれたグレイト・ミュージシャンのお二人。
驚きと感動で、忘れられないライブになりました。にふぇーでーびるです!!!(ありがとうってことよ)
スポンサーサイト
【2006/09/25 00:54】 お気に入り | トラックバック(0) | コメント(0) |
『SHOW-YAライブ!』
行きたいなー。


でも10月14日は、名古屋に遊びに行く約束をしちゃった!


20日の渋公かな。しかし。


チケ、高えーーー!!!!!

料金(税込):*当日券は+¥500-
SSS席 \21,000(SHOW-YAスペシャルシート 記念DVD付)
SS席 \12,600・S席\10,500・A席 \8,925・B席(*神戸公演のみ) \6,825



やぱり、記念DVDとか言われたら。。。。。
【2006/09/13 23:37】 お気に入り | トラックバック(0) | コメント(1) |
『MARCY'S VOX 9月の回!』

今日はスタジオの近くの有名なチキンライスを食べに行くっつうことで、まやねえが一緒です。ヤッチンがもうすぐ着くとのメールにて起床したわたしは、遠くから来る友達を待たせてはいかんと暑い中ギターをたずさえてヒーコラいいながら走りました。




汗だくで到着すると、ご一行はすでに席について注文済み。混雑していましたがうるせえし、目立つのですぐにわかります。
そしてここは最近みっけた、お気に入りの店のひとつ。名物の海南チキンライスは、ごはんの上に蒸し鶏が載っていて、それにいろいろトッピングが出来ます。わたしは大好きなぱくちーを山盛りに!!ところが店の人が、”夏なので入ったり入らなかったりで。。。今日はないです”とのこと。ぱくちーがないなんて!でも気を取り直して、めだまやきとトウガラシをのっけておいしく頂きました。


そして思えばこれが、本日のアンラッキーの序章だったのです。。。。



お腹もいっぱいになり、まだ時間があるからデザートを食べに行こうという段階。わたしは会計をすませて店をでると、顔にタテ線がいっぱい入って叫びました。な、なんと家にマイマイクを忘れてきた!!!!!(ついでに月謝袋も忘れてきたけどこれはしょっちゅう。そんときはヤッチンの袋に自分のぶんの家賃も入れて渡してもらう)


わたしは取り返しのつかない失態に、テンション落ちまくり。ぱーっと家に取りに行けば自分のレッスンまでには間に合うけど、ヤッチンは”アホ!!行くな!!!”と怒るし。(わしがいなくなると単に自分がつまらなくなるから)わたしはすっかりガックシです。


先月マイクを色々試してみたのを、皆さん覚えていらっしゃるでしょうか。そう、結局自分のが一番ハイ・クオリティでうまいこと歌えるってことで落ち着いたんでしたよな?そして思い返せば、あのマイクにしてからどんどん自分的に上手くなったような気がするし、あれでないと自分の声聞こえないし、あれでないと声でないし、もはやあのマイクはわしにとって海外でお腹こわした時の永谷園のお吸い物、もしくは赤ちゃんのときから使っているちゅーちゅー毛布のような存在なのです!!!



うなだれて、”もう死ぬ、ダメだ、帰る”と繰り返すわたくし。せっかく練習をたくさんしてきたのに、これで全部おじゃんかYO。。。


しかも。わしの番になりマーシーのいるスタジオに向かうと、人がこんな状態なのにも関わらず、なんとヤッチンやまやねえ、新しいメタシスターみーんな一緒にどやどや入ってきよったではありませんか。楽しみたいというならお門違いだぜ!今のわしはネガティブ全開で歌える心境じゃないんだから。ところがみんな、わたしが一生懸命うぜー!消えろ~!!と言っても聞く耳持ちません。まあマー教での歌を聞かせる機会なんか滅多にないし、先月のレッスンレポで書かなかったけど、実はマーシーに上手になったのを褒められると同時に精神力のなさを注意されてたのを直そうとしてた矢先でしたので、ハラを決めることにしました。




まずは1曲目、スターマンです。低いAメロから注意深く歌い始めます。ところが案の定自分の声が聞こえない。そして、何がイヤってこの狭いスタジオで、わし、マーシーのほかに3人の人間がいます。圧迫感は精神的なものとしても、空気が薄くて苦しいよ!!!一生懸命酸素を吸い込みながら、金魚のようになってしまいました。すると1コーラス目が終わったところでマーシーは曲を止めました。


”ぜーんぜん集中してない。”



もう一度最初から。わたしは神経を研ぎ澄まして、この部屋には自分しかいないと思い込むようにしました。引き続き空気薄いけど。立ち位置を替え、一番自分の声が聞こえる場所を探して移動しながら歌います。ピッチ、リズム、サビのパワー。この広い世界で、気になる事項はこのみっつのみ。そう信じて、最後まで歌いきりました。



するとまやねえは、わしの歌が上手くなったとほめてくれました。”FAITHの時より上手い!!”との事。ん?FAITHなんか参加してないけど??一瞬まやねえがわしとアースシェイカーのボーカルを混同しているのかと思って引きましたが、よくよく確かめるとFAITHツアー中にカラオケに行ったときの事を言っていました。そりゃ、あん時はまだSHIVAを歌っていた頃だから、今よりはヘタクソなはずだよ!!!



するとマーシーも、”音域広くなったよねえ!!”とおっしゃいます。Aメロのメチャ低いところが、かっこよく出るようになったからね。繰り返しますが、高いキーなんかいくらでも出せても、低いところをきちんと出すってのは難しいんですよ皆さん!!!



わたしはみんなが見ているので、スターマンのAメロは確かにメチャ低だけど、それ以上に低いキーも出るよ!と言って、”あ~~~~”と、自分の出せる一番低い声を出しました。地獄から響くみたいな声です。その声のまま、”マーシー、これより低い声出ますか、あ~~~”とマイクを向けたところ、先生はもっと生き地獄みたいな声をお出しになりました。”ああああ~~~~”そりゃマーシーは男だし、もっと低い声が出るのは当たり前か!!




さて、2曲目は15 Augです。フィフティーン・オーガストと読みます。切ないバラードです。笑った後でしたが、イントロが始まると同時に一生懸命悲しい気持ちに頭を切り替えました。これも、どうにも自分の声が聞きづらくて歌いにくい。あっちゃこっちゃ向きを変えてみたり、歩いてみたりしながら必死に歌いました。



終わると、マーシーは”上手に歌おうとするばっかりで演奏を聴いてない。音程が全体に上に行っちゃってる。”と指摘されました。よしそうか、そんならもう一回。


”君がいなくて 取り残されて 最初で最後の別れを 僕に刻んでよ  もっと もっと。。。。”


今度は自分の声がよく聞こえるポジションが見つかりました。高校の時の彼氏、死んじゃったのを思い出すとほんっとうに入り込めるのよなー。最後に一枚だけ残った写真、姉ちゃんとケンカしたとき破られて、頭きて姉ちゃんをボコボコにしたっけ。。。。。感情を込めて、激しく、そしてしんみりと歌いました。



すると今度は、演奏をきちんと聴きながら歌っていて良かったですよ。とのことです。

”ほんっとーにいい曲ですねー!”とマーシーは言います。

”涙出てくるもん!!”


マーシーはFATBUGのこのバラードが大好きみたいです。わたしも大好きで、前までは歌いながら涙がこみ上げたりしていましたが、今は練習しすぎで常に平常心です。


本日の持ち歌はあと2曲あるのに、ここでまやねえが時間切れ。夜メシの支度があるので帰ってしまいました。



3曲目はロールプレイ。最近ずーっと練習してきた曲です。なんかマーシーの座っている位置が中々良さそうな気がして、そこに立つことに。先生はヤドカリのようにイスを持って移動。やあ、ここが一番良く聞こえる!!!最初からここで歌いたかったよ!そう叫びたい衝動を抑えて、またスターマンばりに低いAメロ、段々盛り上げるBメロ、爆発のサビを慎重に歌いました。


するとBのところ、キレイに歌いすぎ。もっと汚く、ダラーっと。先週はうまく歌ってた。と指摘が。なるほど、ノートにも”乱暴に”と書いてある。ここを丁寧にしてしまうと、サビの盛り上がりにうまく繋がらないからな。もう一度最初から。


Aメロの低音を丁寧に、Bメロの英語を乱暴に、サビでかく。サビ後Aメロ感情落として。B乱暴。サビでかく。最後ばくはーつ!ぜえぜえ、はあはあ歌いきります。


結構違う曲を何曲も、というの初めてなのでちょっとバテました。そしたら今度は大変よくできました。良かったです!とOKをもらいました。なんか今日、調子いいなあ??いつもはひとつ良かったらひとつは最低、というオチなのに3つも立て続けに合格です。心なしか、声もよく出ている気がします。実は、マイクなんかどれでも変わらないってことか?むしろ備え付けのでやったほうが、甘えが出なくていいのかも???それならめんどくさいから、次からマイク持ってくるのやめよっと!!!



最後にもう1曲。これは今回初めて歌う、同じくFATBUGの1枚目の1曲目、AIMです。エーアイエムと読んでいたけれど、マーシーはエイムと言うので(FATBUGメンバーもそう言うって)エイムです。その昔、初めて”FATBUGを歌いたい”とマーシーに言った時、先生的に一番好きなのがこの曲だそうでこれやれと言われたのですが、いくらなんでもっつうくらい難しく思えて保留にしていたのです。でも今、ロールプレイやってるくらいだし歌えっかも?と思ってね。勇気を出して選んでみました。地獄のように低い声は出さなくて済みますが、メチャ激しいノリです!一番ハゲしいです。例えば、”つ”という上品な音が、この曲では”つぅおええい!!”とか、もう発音からしてめっちゃくちゃで、日本語に聞こえない。で、それがむちゃくちゃカッコイイ!!!曲間何度かヘーーーーーーーーーーイ!!!!っていうのも楽しいし、一番最初聴いたときは一枚かんでると知らずにも”マーシーっぽいのう!!”と思った記憶があります。マーシーも、”え、この曲のここで、あられもなく??”ってトコで、元気イッパイにヘーーーーイ!!!!っていうのがすごく印象的だったもんな。



で、AIM、それなりに練習していったけどやはり1回目。Aメロの、英語か日本語かハナモゲラみたいなところ、なんて言ってるかわからないっぽさをだそうとして、メロディまであいまいになってしまったのが良くなかった。音はきちんと一個一個、とりながら言葉はダラッっと、だそうです。なりほど!!!!というところで終わりの時間になりました。



なんだか今日は、初めて4曲もやって、3こいっぺんにOKで、気分上々だなー!来月は引き続きAIMと、対照的なバラードのSNOWDOMEをやることに。これはヤッチンが以前の課題曲にして、大変てこずった曲。AIMと同時進行でやることになろうとは。でも両方とも新しい曲で、心機一転嬉しいな!!なんかマイクのチカラ無しで、自力で成し遂げたっちゅう達成感につつまれて(まあほかの生徒さんはみんなそうなんだけど)精神的に成長したような気が、ちょっとしました!!!
【2006/09/11 01:16】 マーレポ | トラックバック(0) | コメント(5) |
『MARCY'S VOX 8月の回!!!』
みなさんこんちは!!!受験生のごとくコーヒを飲みながら、真夜中にPCに向かって一生懸命マーレポをかいているのは一体誰????そう、れいれいだよー!!!(ちょっとさっきチューハイを飲んじゃったのでHIGH)


前回のレッスンから大層日にちが経ってしまいましたが(だって引越しとかあったしさあ、片付けてる最中にヤッチン&娘ちゃんが泊まりに来るもんだから)やっと本日お届けいたします!毎回書いてることですが、遅くなってすんまそん!!!そしてまた新しいレッスンが今日あったし、もはや自転車操業です笑!!!




さて、いつものように自分のマイクを携えてスタジオに到着しますと、鼻声マーシーにご挨拶をします。(こん時は、夏風邪をひきずっておられたんですねえ)いつもスタジオには58(ごっぱち)というマイクが備え付けてありますが、おや?今日はそれに加えてなんかへんな、ちっこくて四角いバスガイドみたいなマイクがあります。これは何だ?



わたしはすでに自分マイク(過去レポに書いてある、写真のやつね)を取り付けていたのですが、ちょっとどんな音がするのか聴いてみたくなっていきなり引っこ抜いてそいつを付け替えようとしました。



するとマーシーは”ボス!!っていうやろー。そういうときはエチケットで、マイク替えま~すって言いなさい”と怒りました。




なるほどボス!!という音がしました。




わたしはせっかくだしいろんなのを試してみたくなったので、手遅れにはなりましたが”マイク替えマース!”と言ってからまずゴッパチをくっつけました。(ちなみにバスガイドマイクは57というやつだそうです。)


あーあー言ってみると、なんか音が良いような。。。でもそれは、いつも使ってる部屋より狭いせいらしい。リアル感が出るんだとかなんとか。。
マーシーが曲を出す間、FATBUGの真代ちゃんの話などをしました。わたしは真代ちゃんだーい好き!!といったらマーシーも、わしも大好き!といいました。わたしは真代ちゃんが一番、マーシーは1,5番目に好きかなあ。おくまよ日記はマジでマーシーも読んだほうがいいなどと熱弁をふるっていると、曲の準備が出来た模様。




わたしは早速”ローループレイ”を歌いはじめました。すると1コーラス目を歌い終わったところでマーシーは曲を止めます。




”なんかこのマイクいや。大きい音しか拾わないから。ライブ用の、衝撃に強くて壊れにくいマイクだけど”との事。




へーなるへそ。わたしも歌ってていまひとつピンと来ない感じだなあ。踏んでもけっても落としても、壊れない強さがあるのでトラブル回避には一番いいんだって。ふーんそうか。。。なら次は57だ!





”マイク替えマース!!”





57の方が58より音がいいそう。でもいかんせん見た目がダサダサ!!!これなら拡声器のほうがまだロックだよ。。。どれどれ。。



あーあーあー。なんか、さっきよりはヌケが良いような気がする。よくわからんけど。。。





”マイク替えマース!!!”





やっぱ自分のやつが一番しっくりくるなー。手になじむし。声の聞こえが、明らかに違うよ!!!同じ音量なのに太く、かつ何かエフェクターかかってるような艶のあるような感じ。見た目もいいしな!



”これやっぱ音いいねえ!!”

先生も大絶賛です。




今度はロールプレイ、フルコーラス。歌い終わるとマーシーは、しんみりとおっしゃいました。




”上手くなったもんや。”




わしは嬉しくなって、NHKで鐘いっぱい鳴った人みたいに叫んでしまいました。マーシーがおっしゃるに、歌ってる最中ゆとりが出ていろんなことが出来るようになってきたとのこと。わし何かしたかな???まあ精神的にゆとりが出来たと思われたような歌い方が出来たってことだな。




すると外のイスでくつろいでいたメタ姉妹たち(他の生徒さんプラスα)が悲鳴を聞きつけてどやどやとたくさん入ってきました。よーし、頑張って先生お墨付きのほんまもんのゴキゲンなロックを、このロックキッズ達にブチかましてみようかな!その前に、みんな信じないと思うからさっきの言葉をもう一回お願いします。マーシー、さあハイ、何だっけ???



わしはマーシーに、みんなの前でわしが上手になったのを言ってもらいたかったけど先生は”何が?いや、なんも??お前はすぐ調子にのるからね”とそっぽむいてます。海がめの貴重な産卵シーンじゃあるまいし、もっとみんなの見ている時に言ってくれないと信じてもらえないよ!!!でもまあいっか。



再び今度はみんなの前でロールプレイを歌いました。思えば、ホントわし低い音とれる様になったなあ。。。。。(自画自賛)終わるとみんなはパチパチ拍手をしてくれました。でもみんながいなかった1回目のほうが上手に歌えていたそうでガックシ。オーディエンス達は、なーんだと思ったのか、へたくそだったので気まずくなったのか、もっと聴いていきなさいよとこちらが言うのも聞かずに出て行ってしまいました。




そういえば、ヤッチンは一回のレッスンでいくつも違う曲をやっているのにわしだけ1時間のうちで1曲しか歌わしてもらってないからつまらんと思ったのでそれをマーシーに言ってみました。



すると、マーシーいわく。
ヤッチンの場合は、予習を沢山するけど復習をしない。一度OKが出て新しい課題曲に移ると、古いのは全然やらなくなるからたまに歌わせてみるとへたくそにしか歌えなくなっているらしい。(ププッ)だから新しい曲をやりつつも、過去の曲を同時進行で歌っているんだって。


一方わたしは、集中力がなさすぎていっぺんに2つの事が出来ない。2つ歌おうもんなら、必ずひとつが上手、ひとつがゲボ下手になってしまう。。。キーもテンションもどっちか一方にひきずられてしまうのです。でもそんなの大御所でもない限り、1曲しか歌えんロックシンガーなんか出番はありません!!!わしもなんとかいっぺんにたくさんの曲を歌えるようになりたいYO!!!



そうしたら、一番最初に歌った歌のキー以外を2曲目では出せなくなるという欠点を克服するためにも次は何曲か歌ってもいいよということに。


今までやってきたスターマン・15 Aug・ロールプレイ・そして新曲として同じFATBUGの曲でAIMというのを、次回は4曲まとめてやる事にしました。ちょっとライブっぽくなって、練習もやりがいが出るよ!!!嬉しいな!!!




マーシー、わしやる気出た!ありがとうござりました!!!!!
【2006/09/02 02:40】 マーレポ | トラックバック(0) | コメント(5) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。